銀婚式

25年目の結婚記念日を「銀婚式」といいます。
子供たちもそろそろ成人する頃で、夫婦としての25年の労を感謝しあい
また愛を確かめ合う日となっています。
金婚式と同様、子どもたちや親せき、知人たちと一緒にお祝いをしましょう。


結婚記念日は毎年お祝いするものですが、一般的に金婚式と銀婚式は、盛大にお祝いの会を 催される家庭が多いようです。
夫婦揃って、元気に過ごすことができたという意味もあるようです。


銀婚式はいぶし銀を表しており、光り輝く金になるまでさらに嵩きをめざしていこうという 大切な日です。



銀婚式のお祝い・贈答マナー

結婚記念日の名称には金やダイヤモンドなど、宝石類の名前がついていますよね。
これにちなんで、夫が妻に指輪やネックレスを贈るケースが多いようです。
銀婚式なら銀に関する物というわけです。


でもこれにこだわらずに、 お互いの感謝の気持ちを込めてプレゼントをされると
きっと喜ばれることでしょう。

家族以外の人からのお祝い金としては1万円~2万円が一般的とされています。


銀婚式

水引は紅白の蝶結びのものを使い、表書きは「祝結婚記念日」 「御祝」「寿」、または「祝銀婚式」などとしましょう。


ご家族や身内からのお祝いは
手書きオリジナルラベル木箱入 ワインも喜ばれることでしょう。
みんなで楽しく会食ができるといいですね。