卒業祝いは何を贈る?

卒業祝い

人生の節目となる卒業。卒業する人の良い思い出となるような素敵な時間を共有しましょう。 それだけでも良いプレゼントとなるものです。
卒業や入学式、または就職と続くので両方を兼ねてお祝いを贈ると言う人も多いようです。
その場合ののしは、入学祝い と書くのがマナーです。 金封の他にも商品券やギフトカード、学生の場合は図書カードなども 人気があるようです。



パーカーボールペン★IM


人気のパーカー、IMシリーズです。 贈りたい人の名前を彫刻して、
ひとつだけのボールペンを贈りませんか。
カラーは4色、クラシックレッド・ブラック・シャンパン・コバルトブルーから
選ぶことができます。


リーズナブルのボールペンも良いけれど
質の良い筆記道具は持つ人をきっと輝かせてくれるでしょう。


⇒ 人気のパーカーボールペン★IMをチェックする





スワロフスキーチャームボールペン


名門スワロフスキー社の高級クリスタルを使用した、「パリの宝石」という
名前がふさわしい洗練されたデザインのボールペンです。
高校進学や大学進学の女性へのプレゼントとして人気が高く、
ペントップのハート型チャームが素敵です。



書くたびに美しく輝くので、まるでジェリーのような感覚です。 無料で名前の彫刻とラッピングもしてもらえるので きっと喜ばれるプレゼントになることでしょう。


⇒ 「スワロフスキーチャームボールペン」をチェックする





プリザーブドフラワー ギフト【ガラスドーム エンジェル】


枯れないプリザーブドフラワーはプレゼントとして人気があります。
ガラスドームのトップでは、 天使がプリザーブドフラワーを優しく見守ってくれています。 よく見ると天使はハートを抱いているんですよ。


ピンク&ピンク、 ピンク&ホワイト、 ホットピンク、 ピーチ&イエロー、
イエローなどなど、カラーも豊富なので 贈る人を思い浮かべながら選びたいですね。


⇒ 「プリザーブドフラワー ギフト」をチェックする!





卒業祝いの基本的な贈答マナー

卒業祝いは、基本的には内輪のお祝いです。
ですから、親しい兄弟や親せき以外は特に贈らなくてもマナー違反ではありません。


お祝いを贈る時期は、卒業式の前後となります。 遅くとも3月中には贈りたいものです。
卒業すればほとんどの場合は入学式もあり、重なるので悩む人もいることでしょう。 どちらにしようかと迷ったら、どちらも兼ねて「入学祝い」として贈るといいでしょう。


子どもの成長に応じたプレゼントが喜ばれると思いますが、 卒業の記念品として名前を彫ったり、学校名を入れたりするのもいいですね。
その場合は、文字が大きくなり過ぎないように配慮しておきましょう。